​一服の抹茶が大切な時間をつくります

​茶室「花壇」

 茶室の名は「花壇」としました。

花壇は花を育てる場所、花の咲くところです。

 人の人生にいつか「花と咲け」と想いをはせ、名付けてみました。

                  埜本修

s-IMG_0445-768x576.jpg

 欅古材の床柱、欅の大黒柱

 田舎家茶室の素朴さと近代数寄屋の洗練さを掛け合わせた空間

​ 珍しい五畳中板の茶室

 抹茶は地元愛知県「西尾」のものを使っています。

 西尾市の茶栽培は抹茶生産に特化し、抹茶の原料となる碾茶(てんちゃ)を生産。その生産量は全国の20%。歴史は700年以上もあります。

 西尾の温暖な気候と矢作川が育んだ茶葉は、綺麗な鶯色。香り高く、まろやかな味わいです。

s-IMG-1654.jpg

席披き・謝恩茶会


令和2年11月28日 河村たかし名古屋市長、

江口克彦顧問をはじめ多くの来賓者を招いて

席主
 尾州久田流 六代目家元

    下村宗隆宗匠

茶室監修

 木村宗慎

 1976年愛媛県生れ。茶人。神戸大学法学部卒業。

少年期より裏千家茶道を学び、1997年に芳心会を設立。

  著書に『茶の湯デザイン』『千利休の功罪。』(ともに阪急コミュニケーションズ)。『利休入門』(新潮社とんぼの本)など。